×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

約束手形買い取りと現金化

sponsord link

手形の裏書について

手形裏書とは

 

手形は、支払期日で待てば支払い金額を受け取ることができます。
しかし、支払期日の前に金融機関で割引したり
他の債務の支払いのために他者に譲渡することが可能です。

このように、手形の支払い金額を受け取る権利を
他者に譲渡する方法が「手形の裏書」です。

 

売掛金などの一般債権を他者に譲渡するには
配達証明付内容証明郵便で譲渡通知を出すなどの手続きが必要です。

 

しかし、手形は裏書をして交付するだけで簡単に債権を譲渡することができます。

 

裏書きの方法

 

裏書きには記名式裏書(正式裏書)と白地裏書(略式裏書)の
二種類があります。
一般的には記名式裏書(正式裏書)で行われることが殆どで
次のような項目を記入します。

 

裏書の日付

 

 記入がなくても裏書は有効です。
 記入する場合には、手形が振出された日付よりも以後で
 支払期日よりも前の日付で記入します。

 

裏書人の住所

 

 記載されていなくても裏書は有効です。
 しかし、住所の記載がなくては手形が不渡りになった場合に
 不渡りの通知を受け取ることができませんので
 記載しておいた方が良いでしょう。

 

目的

 

 「無担保裏書き」「裏書禁止裏書」「取立委任裏書」の場合に記入します。
 それ以外の場合には記入する必要はありません。

 

拒絶証書不要

 

 裏書人が「手形金の支払いを拒絶された」事実の
 公証人の証明書(拒絶証明)が無くても
 支払銀行の不渡付箋が貼られていれば
 支払いに応じると言う意味です。

sponsord link

手形の裏書について関連ページ

手形裏書の効力
手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払う旨を約束した有価証券です。 手形割引とは、金融機関または業者がその受取手形を 支払期日前に買い取って現金化することです。 手形と手形割引、現金化について解説します。

HOME 手形割引 手形の基礎知識 手形割引業者の選択 手形裏書 お奨め書籍記事一覧