×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

約束手形買い取りと現金化

sponsord link

約束手形の基本

約束手形を受け取る際のポイントは次のような項目です。

 

手形の必要記載事項の確認

 

手形法に定められている必要記載事項(@〜F)があり
その一つでも欠くと手形は無効となります。
但し、未記入であっても後で補充は出来ます。

 

  1. 約束手形という文句(統一手形用紙では印刷されています。)
  2. 受取人、振出人から手形の交付を受けるもの誤記がないかチェック。
  3. 一定の金額を支払う旨  (算用数字はチェックライターを使用、漢数字は、手書き可)
  4. 振出日と振出地
  5. 振出人の署名 (社判に捺印、手書き可 印鑑の押し忘れがないかチェック)
  6. 手形の満期日
  7. 支払地(満期日に手形金額が支払される場所)

 

 

10万円以上の手形には印紙が必要となります。

支払い期日に暦にはない日(例9月31日)も 見受けられるので注意が必要。

 

 

廻し手形での支払の場合

 

手形の表面の確認は「手形の必要記載事項の確認」と同じです。
受取人の名前(法人名また個人)と
第一裏書人の名前が同じかどうか確認します。
名前の誤記や法人格の付け間違いがないか確認が必要です。

sponsord link

約束手形の基本関連ページ

電子手形とは
手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払う旨を約束した有価証券です。 手形割引とは、金融機関または業者がその受取手形を 支払期日前に買い取って現金化することです。 手形と手形割引、現金化について解説します。
手形サイトとは
手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払う旨を約束した有価証券です。 手形割引とは、金融機関または業者がその受取手形を 支払期日前に買い取って現金化することです。 手形と手形割引、現金化について解説します。
手形に貼る収入印紙
手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払う旨を約束した有価証券です。 手形割引とは、金融機関または業者がその受取手形を 支払期日前に買い取って現金化することです。 手形と手形割引、現金化について解説します。
手形を振り出す〜当座預金開設の審査
手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払う旨を約束した有価証券です。 手形割引とは、金融機関または業者がその受取手形を 支払期日前に買い取って現金化することです。 手形と手形割引、現金化について解説します。
手形を振り出す〜当座預金の必要性
手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払う旨を約束した有価証券です。 手形割引とは、金融機関または業者がその受取手形を 支払期日前に買い取って現金化することです。 手形と手形割引、現金化について解説します。
為替手形とは
手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払う旨を約束した有価証券です。 手形割引とは、金融機関または業者がその受取手形を 支払期日前に買い取って現金化することです。 手形と手形割引、現金化について解説します。
手形割引と手形貸付
手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払う旨を約束した有価証券です。 手形割引とは、金融機関または業者がその受取手形を 支払期日前に買い取って現金化することです。 手形と手形割引、現金化について解説します。
手形サイトのメリットとデメリット
手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払う旨を約束した有価証券です。 手形割引とは、金融機関または業者がその受取手形を 支払期日前に買い取って現金化することです。 手形と手形割引、現金化について解説します。
手形割引の審査
手形とは、将来の特定の日に特定の金額を支払う旨を約束した有価証券です。 手形割引とは、金融機関または業者がその受取手形を 支払期日前に買い取って現金化することです。 手形と手形割引、現金化について解説します。

HOME 手形割引 手形の基礎知識 手形割引業者の選択 手形裏書 お奨め書籍記事一覧