×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

約束手形買い取りと現金化

sponsord link

手形の基礎知識記事一覧

電子手形とは

電子手形は2008年末施行の電子記録債権法で導入された新しい決済サービスです。中小企業の資金調達を支援する目的のために導入されました。国から認可を受けた「電子債権記録機関」が金額や支払期日債権者・債務者の名前などをコンピューター上で管理するので従来の紙の手形取引に代わり電子手形割引(都度・定期)電子...

≫続きを読む

手形サイトとは

「手形サイト」とは、 振出日(手形発行日)から支払期日までの期間のことです。手形を受け取った方としては、手形サイトが長いほどひっかかりのリスクがありますし逆を言えば手形を振り出した方としては、手形サイトが長いほど資金繰りが楽になります。次の図のようにに11月末に90日サイトの手形を受け取った場合手形...

≫続きを読む

手形に貼る収入印紙

手形は、印紙税法で課税文書とされているので収入印紙を貼って消印(割印)をする必要があります。手形を振り出した振出人には収入印紙を貼る義務が課せられます。収入印紙の税額手形に貼る収入印紙の税額は手形の金額によって異なります。印紙の金額を安く抑えるために一回の振り出し手形を二枚の手形に分けて振り出すこと...

≫続きを読む

手形を振り出す〜当座預金開設の審査

当座預金を開設すれば、その金融機関を振り出し銀行となる小切手や手形を振り出すことができます。小切手や手形は現金以外の信用決済取引のため銀行側から一定水準の「信用」が与えられる形となります。当座預金開設のための審査は大手の銀行ほど厳しいため一般的に地方の信用金庫などの当座預金を開設しているよりも大手都...

≫続きを読む

手形を振り出す〜当座預金の必要性

手形を振り出すには当座預金の開設が必要です。個人の方で当座預金を開設している人は少ないでしょうが企業同士の取引では、手形や小切手は支払い手段として多く利用されています。預金口座手形や小切手を振り出すために必要な当座預金とは、主に企業や個人事業主が取引上の支払い手段として現金の代わりに「小切手」や「手...

≫続きを読む

為替手形とは

為替手形(かわせてがた)とは振出人(手形を発行する人)が受取人(代金を受け取る人)への支払い業務を引受人(支払人)に委託し、受取人またはその指図人に対して一定の金額を支払ってもらう形式の有価証券のことです。略称は為手(ためて)と言われています。委託する形式の手形約束手形は振出人が受取人に対して一定の...

≫続きを読む

手形割引と手形貸付

手形割引と間違われやすいものに手形貸付があります。手形貸付手形貸付は銀行に約束手形を振り出して融資を受ける方法です。手形貸付は、決算資金や証書資金あるいは運転資金など1年以内の短期の貸付において使われます。証書貸付証書貸付は、設備投資や運転資金など1年以上の長期借入の際に利用されます。手形貸付のメリ...

≫続きを読む

手形サイトのメリットとデメリット

手形サイトとは、手形を振り出した日(振出日)から支払い日までの期間のことです。例えば、6月に売買が行われた取り引きに関して翌月の末日(7月31日)に手形で支払われたとします。その手形のサイトが125日(125日サイト)だった場合7月31日から125日後、12月5日に支払われます。これが、125日サイ...

≫続きを読む

手形割引の審査

手形割引業者で手形を割り引く際に審査はどのようなポイントを審査されているのでしょうか?大まかには次のような項目が審査基準とされています。振出人最も重要な審査ポイントは手形を振り出した企業の信用です。振出人である企業の信用調査は上場企業の場合にはHPでIR情報をチェックすれば決算などの情報を得ることが...

≫続きを読む

約束手形の基本

約束手形を受け取る際のポイントは次のような項目です。手形の必要記載事項の確認手形法に定められている必要記載事項(@〜F)がありその一つでも欠くと手形は無効となります。但し、未記入であっても後で補充は出来ます。約束手形という文句(統一手形用紙では印刷されています。) 受取人、振出人から手形の交付を受け...

≫続きを読む

sponsord link

HOME 手形割引 手形の基礎知識 手形割引業者の選択 手形裏書 お奨め書籍記事一覧